大阪大学工業会概要

概要

沿革

大阪大学工学部の前身である官立大阪工業学校は明治29年5月に創設され、第1回の卒業生を明治33年7月に送り出しました。明治34年5月には大阪高等工業学校と改称され、大正4年7月に同窓会「玉江会」が創設され、機関紙「玉江会々誌」が発刊されました。
大正8年3月に全卒業生を結集した同窓会「大阪工業倶楽部」が、会員相互の親睦を図り、工業の発展に貢献することを目的として発足し、同窓会誌「大阪工業倶楽部」が創刊されました。大正12年には大阪工業会館が母校の東野田敷地内に建設されました。母校は昭和4年4月に大阪工業大学に昇格し、さらに昭和 8年 3月には大阪帝国大学工学部へと発展・拡大し、昭和22年10月に大阪大学工学部と名称が変更されました。そして、平成8年には創始100周年という記念すべき節目を迎えました。
「大阪工業倶楽部」は創立50周年を迎えるに当たり、これまでの活動をさらに充実させるため発展的に解消して、昭和46年3月に文部省より認可された「社団法人大阪大学工業会」が設立されました。昭和48年5月には吹田市藤白台に大阪大学工業会館が竣工し、さらに昭和59年1月には交通便利な地を求めて、大阪駅近くの近鉄堂島ビルに移転し、平成17年2月に現在の大阪大学中之島センター内に移転しました。
法律改正に伴い、平成24年4月に一般社団法人へと移行しました。「一般社団法人大阪大学工業会」は大阪大学工学部と同大学院工学研究科の在学生及び卒業生・修了生を会員とする公益法人で、伝統と歴史を誇る同窓会組織として、母校への教育・研究の支援など、母校の発展と会員相互の親睦・交流をはかる諸活動を行っています。

組織

大阪大学工業会 会員 約40,000人

本部 会長 鈴木 胖 (昭和33年卒) 元大阪大学工学部長
副会長 藤井 宏一 (昭和26年卒) 藤井金属化工(株) 代表取締役会長
副会長 城野 政弘(昭和38年卒)
理事 21名
監事 3名
支部 東京 / 大阪 / 岡山 / 徳島

所在地

〒565-0871
吹田市山田丘2-1 大阪大学大学院工学研究科内 センテラス3階
TEL:06-6105-6056 FAX:06-6105-6058

※テクノネットウェブに関するお問い合せは下記までメールにてお願い致します。

卒業生の皆様へ

皆様の職場へ、新しく卒業生が配属されてまいりましたら、登録情報の変更などを当会までご連絡くださるよう、配属されてきた方にお伝え願います。

クラス会の幹事さんへ

各科卒業年度別にクラス会を開催されました時には、お互いの消息を確かめあっていただき、最新の勤務先、住所等のリストを、当会までお送りくださるようお願いいたします。

なお、同姓同名の方が多数おられますので、必ず卒業学科(専攻)、卒業年[学生会員の方は在学科(専攻)、入学年]もお知らせ下さい。また、お名前にフリガナをお願いいたします。

また、海外勤務になられました場合、会誌テクノネットは航空便でお送りいたしますので、海外の送り先を御連絡下さい。

大阪大学工業会
TEL:06-6105-6056 FAX:06-6105-6058 

会費納入のお願い

会費納入につきましては、御協力をいただき感謝申し上げます。

御承知のように当会の諸活動は、全て会費収入に依存しており、外部からの援助は一切なく、会費収入が当会の唯一の財源です。昨今の金利低迷から資金運用も思わしくなく、財政状況は極めて厳しい事態にあり、会の運営に支障を来たしつつある状態になっております。
当会の事業活動をより活発にする為、諸般の事情をどうぞ御理解くださり、会費をまだお納めいただいていない場合には、会費納入方何卒よろしくお願い申し上げます。

年会費納入の便宜をはかるため、御利用の銀行口座から振込料無料の自動引き落としも採用しております。御希望の方には詳しい資料をお送りいたしますので、事務局へ御連絡ください。あるいは、終身会員になられることもお勧めいたします。
皆様の御健勝とさらなる御活躍をお祈り申し上げますとともに、工業会への一層のお力添えを賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

───── 記 ─────
年会費 6,000円
終身会費 50,000円(1年以内の分納可)