各種イベント案内

2017 新春トップセミナーのご案内※終了しました

動き出す関西 ~目指せ中之島キャンパスから中之島アゴラへ~

ちらし

■開催趣旨

大阪大学は創立90周年にあたる2021年を見据えて、「OU(Osaka University)ビジョン2021」のもと「世界屈指の研究型総合大学」へ発展することを目指しています。たとえば知能科学基盤コア技術を投入し、データ取得、プロセッシング、マイニングまでを一貫して行うことによって学術の新たな地平を開く「データビリティフロンティア構想」があり。同時に大阪大学発祥の地の再開発(中之島アゴラ構想)も発表されています。こうした環境が整備されつつある今こそ、関西・大阪から健康・医療分野のベンチャー企業が数多く生まれ、地域が活性化するチャンスと捉えており、このチャンスを活かすためにこのセミナーではどのような取り組みが必要なのかを討論させて頂きたいと考えています。

■次第

  • ◇ 日時:平成29年1月11日(水)午後3時開場 午後3時30分から午後7時30分
  • ◇ 会場:ヴィアーレ大阪ホール(4階) 懇親会:ヴィアーレ大阪(2階)(中央区本町)
  • ◇ 参加費:一般 ・会員1万円 (消費税を含む)
    大学関係者 ご招待 (交歓会参加費¥3000円)

■タイムスケジュール

◇ 午後3時開場
◇ 3:30~4:30 講演A 講師 学界 西尾章治郎 大阪大学総長
演題: 超スマート社会における大学の役割(仮)

〈講演内容〉
第5期科学技術基本計画では、世界に先駆けた「超スマート社会」の実現が謳われています。本講演では、超スマート社会を実現するための基盤技術であるビッグデータ解析、人工知能(AI)技術、IoT(Internet of Things)の最近の動向を紹介し、超スマート社会におけるオープンイノベーション創出と大学の役割について述べます。さらに、大阪大学の卓越した知能科学基盤コア技術を投入し、データ取得、プロセッシング、マイニングまでを一貫して行うことによって学術の新たな地平を開く「データビリティフロンティア構想」について紹介します。

◇ 4:30~5:00 講演B 講師 蔭山秀一 関西経済同友会 代表幹事
演題: 動き出す関西 ~健康・医療産業と成長企業の育成について~(仮)

〈講演内容〉
大阪大学が中之島アゴラ構想を発表し、文化・芸術・学術・医学の4つの知の交差による、アート、社学共創、産学共創の拠点を中之島エリアに作ることが大阪府・市と合意されました。関西では、もともと、「やってみなはれ」「三方よし」といった精神が息づいており、最近では、大手企業のオープンイノベーションへの取り組みや、阪大・京大の100~150億円規模のベンチャーファンドの設立など、次世代の日本を担うベンチャー企業を生み出せる環境が整いつつあります。こうした環境が整備されつつある今こそ、関西・大阪から健康・医療分野のベンチャー企業が数多く生まれ、地域が活性化するチャンスと捉えており、このチャンスを活かすために関西経済同友会がどのような取り組みを行っているのか、いくつかご紹介させて頂きたいと考えています。

◇ 5:00~5:45 パネルディスカッション
テーマ  「中之島の開発と大阪大学の役割」~大阪のLegacy の承継と発展~

【パネラー】
西尾章治郎(大阪大学総長) 蔭山秀一(関西経済同友会 代表幹事)

【コーディネーター】
更家悠介(サラヤ(株)代表取締役・当協会常務理事)
◇5:45~6:00 質疑応答  会場からの質問
◇6:15~7:30 交歓会
懇親会会場 2階エメラルドの間

講師略歴はこちら

お申し込みはこちら

**********************************
(一社)生産技術振興協会  TEL 06-6944-0604
〒540-0029 大阪市中央区本町橋2-8 大阪商工会議所内
事業企画委員長 今中信人 事務局長 巽昭夫
Mail:seisan2@themis.ocn.ne.jp;seisan@maple.ocn.ne.jp
**********************************